Category Archive » 自動車

車載用原付バイクとして作られたモトコンポ

ホンダにはちょっと面白い原付が過去に発売さていました。

その名もモトコンポ、実はこのバイク、車のオプションとして作られたようなバイクなのです。

このバイクは長方形のボディにハンドルとタイヤがついたようなもので、ハンドルやシート、ステップなど飛び出している部分はすべてボディ内の格納可能となっており、さらに方向は限られてしまいますが、横にすることができます。

当時のバイクはキャブレターが使われており、横にするとそのキャブレターなどからガソリンが漏れてしまうことがあったのですが、このモトコンポはそういったこともきちんと考えて作られています。

Read More

プリウスに4WDモデル登場

今までプリウスはずっとFFレイアウトの二輪駆動のみを作ってきましたが、今度のモデルにはやっと4WDモデルが作られるようなのです。
燃費だけの車であるプリウスにフリクションロスが増し、重量も重くなる4WDシステムはいわゆる天敵であってそれを搭載することがかなわなかったのです。
しかし、アルファードやヴェルファイアなどには4WDモデルがあるわけですし、ハリアーやNXシリーズにもハイブリッドモデルで4WDモデルが用意されているのでできないことはありません。

Read More

需要のないコンパクトカークラス大衆車

コンスタントな売れ行きを示す大衆車ですが、すべての大衆車が売れているということではありません。大衆車と言っても幅が広く、2リッターオーバーの大衆車もあれば1リッターの大衆車もあります。買取店での買取金額となるリセールバリューで見るとカローラクラスより上の大衆車は買取金額もそれなりにいいのですが、それ以下いわゆるコンパクトカーといわれるクラスの大衆車ははっきり言って価値は0に等しいものとなります。

Read More

マツダの主力モデルがフルモデルチェンジ

マツダはロータリーエンジンを唯一市販車に搭載していた自動車メーカーでしたが、排ガス規制にあわせることができないという事から最後のロータリーエンジン搭載車であるRX-8が生産終了になり、事実上ロータリーエンジンから撤退した形になりました。

Read More

こんなところにもトヨタがいた

こんなことを言うと年代がわかってしまいますが、車の楽しみを知ったのは、「サーキットの狼」という漫画でした。その漫画の主人公が乗っていた車がロータス・ヨーロッパで、並み居る大排気量車を相手にわずか1600ccエンジン搭載の軽量スポーツで戦う姿が非常にかっこよく見えたものでした。
その当時のロータス社はロータス・ヨーロッパのように小さいエンジンを搭載している車ばかりだったのですが、それは今でも続いています。最近作られた車を見てみるとエリスは1600ccと1800cc、エクシーガとエヴォーラは比較的大きな3.5リッターエンジンにスーパーチャージャーという組み合わせとなっていますが、残念ながら現在ロータスはレーシングマシン以外のエンジンは作っていません。

Read More

トラップ粘土で鉄粉を落とす

車の表面には、走っている最中に飛び散ったりしている鉄粉というものが付着しやすいです。ドアの表面を触ると、ざらっとした感触がすることがあると思います。「トラックが多い道路を走ったから、トラックから飛んできた砂かな?」とか思う人が多いですが、それが鉄粉です。鉄粉は、砂埃と違って水洗いでは落ちにくいです。むやみにスポンジでゴシゴシ落とそうとすると、鉄粉が擦れて車の表面が細かく傷ついてしまいます。

Read More

自動車保険のCMと顧客獲得

先日、自動車保険の更新時期を迎え、今までの保険会社と全く違うテレビCMを盛んにやっているところに鞍替えしたのです。最近の自動車保険は安い!の一言に尽きます。
だって、いままで車両保険なしで4万円近くも払っていたのに、ほぼ同じような補償内容で、今度の保険では22000円で済んでしまったのですよ!

Read More

水没がきっかけで新車を買える

今年の夏休みはレジャーには行かず北九州の田舎に行ってきました。田舎は久しく会ってなかった祖父や祖母、伯父さんたちとゆっくり話すことができ楽しめました。先月、田舎の北九州をゲリラ豪雨が襲ったらしく、各地で冠水や水没の被害があったようです。運悪く伯父さんの車も水没してしまい廃車となってしまったのだとか。

Read More

新古車より新車を買うべき

中古車サイトなどを除いているとよく「新古車」なんて言葉がタイトルに書いてあり、同じような車と比べてもはるかに高い金額で売られているところを多く見ます。中古車とは一度人手に渡って、登録がされたことのある車のことを言い、人手にはわたっていないが、ディーラーなどが展示用として、試乗車用として手に入れた車を販売したものを新古車として販売しているのですが、どうなんでしょう?

Read More