プリウスに4WDモデル登場

今までプリウスはずっとFFレイアウトの二輪駆動のみを作ってきましたが、今度のモデルにはやっと4WDモデルが作られるようなのです。
燃費だけの車であるプリウスにフリクションロスが増し、重量も重くなる4WDシステムはいわゆる天敵であってそれを搭載することがかなわなかったのです。
しかし、アルファードやヴェルファイアなどには4WDモデルがあるわけですし、ハリアーやNXシリーズにもハイブリッドモデルで4WDモデルが用意されているのでできないことはありません。
実は今度のプリウスの4WDモデルにもアルファードやハリアーなどに搭載されている4WDシステムと同じものが搭載された形で4WD化されることになりました。
その名前はE-Four、実はこのシステムはもともとアルファードをハイブリッド化するための妥協策として作られたもので、既存のアルファードのボディにハイブリッドシステムの要となる電気モーターを搭載するときに2トンにもなる重たいボディを動かすだけの大きな電気モーターが搭載することができず、やむなく小さなモーターを前輪駆動用と後輪駆動用に分けて搭載しることなりました。
これがE-Fourです。
従って好んで4WD化したわけではなく仕方なくそうなってしまったのです。
しかし販売面でそういったことを言ってしまってはマイナス要素となるのであえて、4WDシステムのE-Fourという名前を付けて使うようになったということです。
ですからE-Fourは純粋な4WDシステムということではなく、前後にモーターパワーを振り分けただけのものなのです。
それでも一応4WDシステムとして機能させることができるということでプリウスにも使われるようになり初めての4WDモデルの発売ということになったのです。

Categories: 自動車
Tags: