車載用原付バイクとして作られたモトコンポ

ホンダにはちょっと面白い原付が過去に発売さていました。

その名もモトコンポ、実はこのバイク、車のオプションとして作られたようなバイクなのです。

このバイクは長方形のボディにハンドルとタイヤがついたようなもので、ハンドルやシート、ステップなど飛び出している部分はすべてボディ内の格納可能となっており、さらに方向は限られてしまいますが、横にすることができます。

当時のバイクはキャブレターが使われており、横にするとそのキャブレターなどからガソリンが漏れてしまうことがあったのですが、このモトコンポはそういったこともきちんと考えて作られています。

要するに折りたたんで小さくして、車のラゲッジスペースに積み込むことができるということです。

このバイクは当時発売されていたコンパクトカーのシティと同時に発売され、そのシティのカタログにもアクセサリーとして掲載されていました。

シティのモトコンポを積んで出かけ、出先で乗ってくださいということなのですが、当時の日本ではそういった文化が全くなかったためにほとんど売れず数年で生産終了となってしまいました。

逆に古いバイクが人気となっている現在の方が人気が高く、オークションなどでも結構な金額で取引されているようです。

きっと「廃車しないで取っておけばよかった」なんて思っている方も多いのではないでしょうか。

バイク 売りたい

Categories: 自動車
Tags: