新古車より新車を買うべき

中古車サイトなどを除いているとよく「新古車」なんて言葉がタイトルに書いてあり、同じような車と比べてもはるかに高い金額で売られているところを多く見ます。中古車とは一度人手に渡って、登録がされたことのある車のことを言い、人手にはわたっていないが、ディーラーなどが展示用として、試乗車用として手に入れた車を販売したものを新古車として販売しているのですが、どうなんでしょう?登録上云々は除いて考えて、車の車体的に、中古車よりはるかに高いお金を出して買う新古車にそれだけの価値があるのでしょうか?確かに1万キロも2万キロも走っている中古車と数十キロしか走っていない新古車では状態が全く違いますが、室内の展示場に飾られていたといっても、いろいろな人が座ったり触ったり、試乗車なら運転されたりした車を買う気にはなりません。新古車をまだ数百キロしかはしっていない状態の良い中古車を少し高い金額で買うのか、生産から時間が経っており、長い間飾られていたり、試乗車として使われいた新車を安く買うか、買う人の価値によるとは思いますが、新車を買うつもりでディーラーに行って新古車を見つけたのであれば、迷わず新車を買ったほうがよいのではないのかと思います。

Categories: 自動車
Tags: