CVTのメリットって何でしょう

最近の車には燃費をよくするための装備がたくさんついていますが、トランスミッションもCVTという原付バイクと同じようなものが使われることが多くなってきました。確かに燃料消費の少ない回転数に固定できることから燃費に関してはいいとは思うのですが、騒音面では大きなデメリットがあると思うのです。それはエンジン回転数をある一定の回転数で固定しようとするためにずっとうるさい音が出っぱなしになるからです。
マニュアルミッションやATであれば、普通に走っていても低回転から中回転を行ったり来たりしてスピードをのせていくものですが、CVTの場合はずっと中回転を保ったままで、スピードがのってから初めて回転数が下がるものですからうるさくて仕方がない!
それはCVTと同じような構造を持っているビッグスクーターなんていう土建業専用バイクの音を聞いていればわかることです。普通に走っていてもあんなにうるさいトランスミッションは他にはないと思うのです。これも「燃費が良ければすべてよし」という精神が招いたものでしょうね。僕のボルボはそういったことはないので安心です。

ボルボ 買取相場

Categories: 自動車
Tags: